一生に一度!あなたは、どうやって選びますか?
当サイト、「包茎手術クリニックおすすめランキング」は、実際手術された方々の体験談と、院長顔出しで、治療からアフターケアまで一貫して行っている信頼のクリニックを、ランキング形式でご紹介しています。
 
 
包茎手術のおすすめ(口コミ)病院ランキング
 
 
包茎手術は痛い? 包茎手術跡は? 包茎手術のリスクは?
包茎手術後にまた元に戻る? 包茎手術の入院は? 包茎手術の所要時間は?
包茎手術は小学生も可能? 包茎手術後のセックスは?  
 
 
 

包茎手術は健康保険適用するの?

 

切開・縫合などによる包茎手術は外科手術の一種です。但しすべての症例に健康保険が適用されるわけではありません。 なぜならば、健康保険とは、本来医療が必要な状態、すなわち病気であると認定された場合にのみ適用される制度であるからです。病気と認定されなければ保険は適用されないのです。 日本人に最も多いとされる仮性包茎については日常生活を送る上でそれほど大きな支障がないと見なされています。本人の精神的なコンプレックスではあるものの、原則として健康保険が適用されない自由診療になります。 もちろん保険の範囲内で仮性包茎の手術を行ってくれる病院も一部ありますが、その場合、見た目や機能について満足できるレベルというよりは、医療目的の治療の範囲内のクオリティであるという覚悟が必要でしょう。 ですから見た目や機能のクオリティを求めるのであれば、保険の適用はありませんが専門クリニックでの手術をおすすめします。

 
 

保険が適用される包茎手術とは?

 
真性包茎

亀頭先端部の包皮が狭かったり癒着しているために、通常時・勃起時にかかわらず包皮を剥くことができず、亀頭がまったく露出しないタイプの包茎です。

亀頭を清潔に保つことが難しいため、非常に不衛生な状態になりやすく、性病にかかる確率も高くなります。また、まともな性交ができません。

泌尿器科の保険適用の手術で、およそ2~5万円程度で治療することができます。

 
カントン包茎
 

包皮輪がせまく、通常の状態であれば手で包皮を剥くことができますが、勃起時に陰茎をしめつけてしまう状態のことです。

締め付けによって痛みが生じたり性交時に痛みや炎症を起こしやすい特徴もあります。最悪の場合、鬱血した部分の亀頭が壊死してしまうおそれがあるため、早急な処置を要します。

病気として認定されており、手術には健康保険が適用されます。

 
 

包茎手術は専門クリニックで

 

上記の真性包茎・カントン包茎は、健康保険適用のもと、低価格で包茎手術を受けることができます。

日本人に最も多い仮性包茎は健康保険が適用されない自由診療が基本ですが、中には仮性包茎であっても、健康保険適用による包茎手術を受けられる病院も一部あります。

ただ、泌尿器科での包茎手術は病気治療が目的のため、仮性包茎そのものを治すだけなので、見た目やデザインの不満、傷跡、陰茎がツートンカラーになるなどのケースも多々報告されています。

もちろん、何がなんでも安く済ませたいという方もいらっしゃるかも知れませんが、パートナーの事を考えて、見た目も重視する場合は、自分好みの満足いく仕上りが期待できる、包茎手術専門のクリニックを選ぶことが大切です。

 
 
   
 
 
     
COPYRIGHT(C) 2013 包茎手術クリニック ALL RIGHTS RESERVED.