一生に一度!あなたは、どうやって選びますか?
当サイト、「包茎手術クリニックおすすめランキング」は、実際手術された方々の体験談と、院長顔出しで、治療からアフターケアまで一貫して行っている信頼のクリニックを、ランキング形式でご紹介しています。
 
 
包茎手術のおすすめ(口コミ)病院ランキング
 
 
包茎手術は痛い? 包茎手術跡は? 包茎手術のリスクは?
包茎手術後にまた元に戻る? 包茎手術の入院は? 包茎手術の所要時間は?
包茎手術は小学生も可能? 包茎手術後のセックスは?  
 
 
 

包茎手術のリスクは?

 

包茎手術は各クリニックによる研究・技術の向上にともない、近年は失敗のリスクは減少傾向にあると言えます。
しかし、手術はメスを使った外科的な切開や縫合を行うため、失敗のリスクがないわけではありません。
包茎手術の主な失敗例としては、見た目の失敗と機能面の失敗が挙げられます。

最も多い失敗例としては、ツートンカラーになってしまうなどの見た目の失敗です。

包茎手術は平常時と勃起時の包皮の長さを測り、余分な皮を切除して縫合する方法が一般的です。しかしその計測を誤ると傷跡が残ったり、ツートンカラーになってしまうことがあるのです。

近年、亀頭直下埋没法が開発され、技術力の高い医師が積極的に採用した結果、傷跡やツートンカラーの見た目の問題は解消されつつあります。ただ、技術の伴わない経験の浅い医師が執刀する場合には、注意が必要です。

幸い見た目の失敗については、経験豊富な医師による再手術により、ある程度の不満を解消することができます。傷あと修正手術を得意とする信頼できるクリニックを探しましょう。

反面、再手術でも元に戻らない可能性がある機能面での失敗は深刻です。

たとえば包皮を切除しすぎた場合、勃起時のつっぱりや痛みに悩まされたり、包皮小帯(裏スジ)を損傷して感度を損なうなど、術後の日常生活においてさらなる悩みが増幅してしまいます。

性感帯の切除により、射精が困難になったり、勃起不全になるケースもありますので、確かな技術力と実績のある医師選びが重要になります。

 
 
     
COPYRIGHT(C) 2013 包茎手術クリニック ALL RIGHTS RESERVED.